ママ友の真希ちゃんが推薦してくれた、出会い系アプリ。
こちらでパトロン募集を続けた結果が出ました。
高根さんと、1回の食事デートで5万円の収入が発生。
現金で手渡されたのです。
ただ一緒に、お食事をしただけでした。
美味しい料理を、ご馳走されただけなのに。
5万円という収入に、目眩がしそうでした。
嬉しいことに、関係を継続したいとまで言ってもらえたのです。
月に2回程度の食事デート。
これを約束して、契約していただくことになりました。

 

 順調に、食事デートを継続。
月に10万円が手に入るようになりました。
こんなに簡単に、こんなに大きな収入。
それまでの不安が、さっぱりと消えていくのを感じました。
「パトロンは、複数いても大丈夫だから、こっそり探してみたら?」
真希ちゃんにも言われていたため、別のパトロン探しにも精を出すことになりました。
彼女のパトロンの作り方は完璧です。
ご飯に行くだけでお金がもらえる男性と出会えるのです。
Jメールで成功していましたから、ワクワクメールを中心的に使って行こうと思いました。

 

 高根さんとの順調なデート中も、ワクワクメールで募集や日記更新をやっていきました。
継続していくことで、興味を持ってくれる男性が出てくる。
メール交換も始まったのです。
成松さんという、50代の公認会計士の男性でした。
私のプロフや日記を見てくれたようです。
「興味があってね、シングルマザーのサポートもしてみたいと考えていたから、面接してみよう」
話は、スイスイと進んでいく感じでした。

 

 知的な成松さんは、それでもフレンドリーな態度を取ってくれたため、安心してお喋りが出来ました。
この面接の時の手応えもよく、食事デートにも誘ってもらえました。
驚いてしまったのが、1回の食事で10万円を受け取れてしまったことです。
「月1回程度になるが、また付き合ってもらえるかな?」
「はい、喜んでお付き合いさせていただきたいと思います」
最高の笑顔を見せながら、答えてしまった私だったのでした。

 

 2人のパトロンから、20万円の収入です。
食事に行くだけの関係。
その食事の回数も少ないのに、貢いでもらうパトロンの作り方を学んで月に20万円の収入を得る事に成功しました。
幼い子供と、私が暮らすのには十分だし、将来のための貯金も出来るようになりました。
お金を貢いでもらうにはどうしようと、真剣に悩んでいたけれど、出会い系アプリで急に救われました。
未来に明るい兆しを感じる、そんな生活がやってきました。

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料

困った時に助けてくれる人を探すなら