コロナ離婚で、お金を貢いでくれる人を募集するにはどうするか?
その答えは、助けてくれる優しいパトロンを見つけるのみでした。
ママ友の真希ちゃんは、食事だけで20万円の収入になっています。
パトロンの作り方も、みっちり教えてもらいました。
より安全な出会い系アプリも教えてもらいました。
Jメールとかワクワクメールを利用することで、現金無償支援者を探せる可能性が出てくるのです。
無料の掲示板より、はるかに安全性が高く、あちらよりも出会いの確率も高そうです。
ご飯に行くだけでお金がもらえる男性との出会いを夢見て、二つのアプリを使うことにしました。
女は完全無料で利用が出来るため、金銭的に余裕のない私にもちょうど良い感じでした。

 

 パトロン募集開始です。
出会い系アプリは初体験でした。
こんなに沢山の人たちがいるのなら、お金持ちもいる。
優しいパトロン候補もいるはずであると思いました。
ワクワクしながら、掲示板に投稿。
この掲示板投稿も要注意だと説明されていました。
「直接お金が欲しいと書き込むと、アカウントが停止になる可能性高いから、優しい紳士と出会って、食事で癒されたいって投稿してね」
ママ友に言われていた通りにしました。
さらに、日記の機能の方も、フル活用していくことになりました。

 

 デートだけで、お金助けますという男性からの連絡を待つのも、なかなか大変。
簡単にやりとりが出来ないコトは、真希ちゃんから言われていたため理解はしていました。
それでも、どこか焦る気持ちがあったりして。
少しでも早く支援して欲しい。
そんな気持ちを、我慢するのが大変でした。

 

 継続していくことで、様々な形で反応が表れます。
足跡を付けてもらえる。
日記にコメントを付けてもらえる。
着実に、前に進んでいるのを感じることが出来ました。
そして待望のメールが、Jメールの方に送られてくることになりました。
私のシングルマザー日記を見てくれた男性です。
高根さんは、子供と2人暮らしの大変さをよく理解出来てくれている人でした。
自然な形でメール交換をスタート。
とても早く、LINEで交流していくことにもなりました。

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料

困った時に助けてくれる人を探すなら